【アリスギア】立ち回りを工夫して攻撃を回避する方法

アリスギア

アリスギアでは敵の攻撃力が高く、被弾するとあっという間に戦闘不能に陥ってしまいます。

そこで、この記事では基本的な回避方法と、マルチで事故りやすいポイントと対策などを解説していきます。

戦闘中の立ち回りがいまいちわからないという方の参考になれば幸いです。

ウルアリス
七砂

まだまだ未完成なので、随時追記していく予定

回避の仕様について

アクションゲームによくあるのが「回避判定の間に攻撃をもらえば、その攻撃においては次の攻撃までダメージをもらうことはない」というもの。

ですが、アリスギアにおいては「回避判定の間に攻撃をもらっても、回避判定が終了した後も攻撃判定が続いていればそのままもらってしまう」ものが多いです。

その為、敵の攻撃は物理的に当たらないようにするか、回避判定または無敵判定中に敵の攻撃動作を完全に避けきる必要があります。

それを踏まえて、次の基本的な回避方法を見ていきましょう。

回避の3つの基本

主に回避と言われる動作は以下の3つです。

ヴァイスごとに詳細な回避方法は変化しますが、いずれもこの3つの基本をどのタイミングで行うかという問題になってきますので、まずは基本を覚えて応用できるようにしていきましょう。

※折りたたみの+をクリックすると解説と画像が開きます。

”物理的に避ける”

物理的に避ける

自機をヴァイスの攻撃範囲そのものから離脱させる、最も基本的かつ確実な回避方法。

マルチなどラグが発生する状況にも強く信頼性が高い。

攻撃範囲外に出る必要があるので距離が離れる場合が多く手数が少なくなりがち。

移動時間を長くとるので、チャージ攻撃が自動で発動するデュアルと好相性。

 


”ステップで避ける”

ステップで避ける

ステップ中の回避判定と瞬間的な高速移動で敵の攻撃をやり過ごす。

高誘導弾など、移動による物理的な回避が困難な場合や、物理的回避が遅れた際によく選択される回避方法。

タイミングさえ掴めば瞬間的な攻撃判定には高い汎用性を発揮できる。

回避判定は長くはないので、大技など長い判定時間が存在する攻撃で選択すると、判定終了時にそのまま攻撃をもらってしまう。

スナイパーなどはステップ回避を多用することで移動時間を減らし、狙撃チャンスを多く取ることができる。

 

 

 


”無敵時間を利用して避ける”

無敵時間を利用して避ける

トップスやボトムス、片手剣のガードなど一部の動作の無敵時間を使って避ける方法。

弾数を消費する場合が多いものの、距離を離す必要がなくスキルの発動がそのままカウンターになる場合も多いので、最も攻撃的な回避手段といえる。

ただしスキルの発動はラグに最も弱く、マルチなどでは普段のタイミングで使用しても発動せず攻撃をもらってしまったりするので、どちらかと言えばソロ向け。

長い無敵時間で乱戦に強い回避方法なので、クロスでの格闘戦でも活躍する。

 

 

マルチで事故りやすいポイント

ヴァイスはターゲットしている相手にあわせて動くため、ターゲットされていないアクトレスにとっては基本的にはチャンスとなります。

しかし、ターゲットされていないことに思わぬ危険が潜んでいたり、ターゲットされたアクトレスの動きで全体が動きやすくなる場合などがあります。

ここではそれらの例について少しずつ追記していきます。

”特異レントラーの場合”

初動は近接が安定

実は特異レントラーが初動に放ってくるリングレーザーは発射される位置が高く、接近してしまえばあたらない。

へたに正面や背後で距離を取って射撃するより、攻撃面でも回避面でも有利に働く場合が多いので、全員で近接攻撃してスタンさせてしまうと楽になる。

ただし、ここではレントラーがターゲットしているアクトレスにあわせて一定距離に合わせようとしてくる。

ターゲットされたアクトレスが後退してしまうとレントラーが前進し、近接攻撃を行っている他のアクトレスが背中から発射されるレーザーの束を根本で食らってしまう危険があるので、この行動中にターゲットされた際の後退には気をつけよう。

 

 

 

まとめ

戦闘中はつい攻撃を優先してしまい、回避が間に合わなくなってしまうことがよくあります。

しかし、冒頭でお伝えした通りアリスギアにおいては敵の攻撃力が高く一度のミスで致命的なダメージを負うことは少なくありません。

回避できるポイントをしっかりと掴み、攻撃する時と回避に集中する時をしっかりと決めてメリハリのある戦闘を心がける事で、被弾はグッと減っていきますよ!

ウルアリス
七砂

と言いつつ私も上手くないので、自分に向けた言葉でもある

コメントを残す